snack notes.

スナックゆかりたんブログ。
<< Oi-SKALL MATES/COOL WISE MEN/YOUR SONG IS GOOD@F.A.D YOKOHAMA | main | ジャック・ペニャーテ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | -
riddim saunter@蓮沼
2007.07.19.THU
riddim saunter@蓮沼
"蓮沼"は、無料の野外イベント。
無料とは思えない豪華なメンツが出演して、昼〜夜まで代々木公園の野外音楽堂で開催。
お客さんもレジャーシート敷いたりビール呑んだりして楽しそうでした。
いいですね野外。しかも気軽に行ける街中で。とは言え平日ではありますが。

そう、平日。そんなわけで夕方になってやっと行けた。
riddim saunterにぎりぎり間に合ってよかった。
残念ながら他はあまり見れずでした。
というわけでriddim saunterライヴについて少々メモ。
※今回も思い込み激しいです。それはいつもです。
Riddim Saunterは18時過ぎのライヴだったんだけどまだ明るく、ライヴの間に少しずつ暗くなっていきました。理想的ですね。野外イベント、個人的にはヘッドライナーよりも夕暮れ担当の方がメインではないか?といつも思う。

前方には一応フェンスがあって、フェンス内は既に入場制限がかかってまして、
後方の柵んところから見ました。
なかなかこんな遠くで見ることないので貴重。

登場のとき、SEは小さめだったんだけどボーカルKCさんがアジる声がとても大きく、
野外ならではな感じで反響していて、そのいつもと違う感じにグッと来ました。

野外のワクワク感の中で1234。
1曲目なにかなーと思ったら。

DABBLING!!!

1曲目からこれかよ!
イントロのドラムが代々木に響いてました。
野外でDABBLINGなんて楽しすぎる。

お客さんものすごい踊ってました。
盛り上がる観客越しに遠くから見るRiddim Saunerはとてもかっこよかった。
いつかこういう風に遠くでしか見られなくなるバンドなんだなと改めて思う。

そして前の方はもちろんのこと、
中に入れない柵外の人の中にもモッシュゾーンができてました。
すげー!

この日のハイライトは何しろDear Joyceで、
野外でこの曲をどうしても聴きたかった。
日暮れ時、公園の蝉時雨がうっすら聴こえる中のDear Joyce。
目頭が熱くなりました。

MUSIC BY.はイントロがドラムロールのヴァージョン!
当然のごとくお客さんもわっさわっさ踊りまくってて、
そんな観客ごしに見るヒロシさんのギターソロがスターな感じでした。
ギターヒーロー。

たいちさんは相変わらず自由な感じでステージ動き回り、
キメのところで走って来てクラッシュシンバルをジャンプしながら叩くっていう、
ものすごいかっこいいアレが何回か見れた。
毎度抜群のタイミングっす。
しかしあんなドラマーはいない。素晴らしい。

ドラマーですらそうなので(笑)
なにしろこのひとたちはステージ上を動き回り、
それがとにかくかっこいい。すげーバンドだなー。
広いステージなので改めてそう思うわけです。

しかしまたしてもアレンジ少しずつ変わっていたような。
最近本当に聴くたびに違う。どこかしら変わってます。

***set list***
I'M DABBLING
FRESH
SHE HAS NO MELODY
DEAR JOYCE
MUSIC BY
SUPER MOOD

MUSIC BYで終わりだったっけ。最後自信ないです。
分かる方いたら教えてください。→修正しました!

後日追記:MUSIC BYの次がSUPER MOODで終わりだったということです。
すーさんありがとうございます!

***

最後の方、せっかくの機会なので後ろぐるーっと一周しながら見ました。
riddim saunterとお客さんを見てました。

モッシュで踊り狂ってる前の方とか、
ステージの遠さなんて関係なく盛り上がって踊り狂ってる後ろのモッシュとか、
軽くリズム取りながら聴いてる人とか。
いろんな人がいろんな風に聴いていて、
そのことにじーんと来ました。

***

今回はひとりで見てたので両隣知らない人でした。
両隣の人はRDM知らなかったらしい。

後ろの方で私のまわりはRDM好きって感じの人はあまりいなくて、
そんな中勝手に盛り上がって見てました。
隣の人は初めて見て気に入ったみたいで。
途中から手拍子したり、足でリズムとったりしはじめて、
「よかったねー」と友達と言い合ってました。
なんだか感動。

こういうの見てると、イソップ童話の『北風と太陽』思い出す。

この日はあちこちでそんな話を聴きました。
初めて見たとか好きになったって人も多いんだろーなーと。
広がっていく姿を目の当たりにした気がします。

そしてriddim saunterのTシャツと、5 ON THE MOVEのTシャツ着た人がとにかく多かった。1割ぐらいいたんじゃないか?

FIVE ONのFINALと今日のライヴ、いろいろ感じ入るところがありました。
広がってくのってすごいですね。
18:00 | comments(2) | -
スポンサーサイト
18:00 | - | -
comment
Dear Joyceすてきでしたね。
私のまわりにもあまりrdm好きなっていうか知ってる人が
いない感じでしたけど、Dear Joyceが終わってから
拍手おこっててなんかそれもよかったです。
たしかMUSIC BYの後SUPER MOODで終わりでした。
この流れがたまらなく好きです。
| すー | 2007/07/27 1:46 PM |
■すーさま
ジョイスは本当に素敵でした。
拍手、いいですね。
あの曲はRDM全然知らなくても、好きになる人たくさんいるんじゃないかと。

なんかあの曲が広げて行きそうな気もします。

最後の流れ、教えていただき感謝。

そうだ、その素敵な流れだった。
ドラムの入るところとか思い出しました!
| スナックゆかり | 2007/07/31 6:45 PM |
comment









calendar
s m t w t f s
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
recommend
ACOSTIC ALBUM「DOUSE YOURS FROM ACOUSTIC RECOLLECTION」
ACOSTIC ALBUM「DOUSE YOURS FROM ACOUSTIC RECOLLECTION」 (JUGEMレビュー »)
riddim saunter
おとぎ話みたいな。寝台特急とメリーゴーランドってなんだか似てると思った。PASS A LITTLE MOREのアコverは電車に乗って走っている曲、ベースはモーターの音。幸せで涙が出るSyreetaの"I Love Every Little Thing About You"カヴァー収録。終盤サンバになってしまう、もうはじけるような幸せ感が世界の色をぬりかえます。
recommend
Think, Lad & Lass
Think, Lad & Lass (JUGEMレビュー »)
riddim saunter,田中啓史,佐藤寛
10年たっても20年たっても聴かれ続けれる、クラシックになります、多分。
selected_entry
category
recent_comment
0系よ永遠に
i-radio!!!!!!!
blogs
mobile
qrcode
links
search
profile
sponsored